映画監督の河瀬直美さん(52)が、ユネスコの親善大使に日本人女性として初めて任命された。

河瀬直美監督「映像制作を通して、物語の中に人類の豊かな未来を創造すべく、親善大使としての命(めい)を全うしていきたいと思います」

河瀬さんは、さまざまな年代の女性に焦点を当てた映画を制作したことや、アフリカの女性映画制作者を育成する事業への取り組みなどが評価された。

今後は親善大使として、映画界における国際交流や、男女平等に関する活動などが期待されている。

日本人の親善大使任命は、画家の平山郁夫さん、歌手で俳優の杉良太郎さんらに続いて5人目。