人間の行動を予測するAIを活用して、車の事故を防ぐ世界初の技術が公開された。

横断歩道を渡る歩行者に気を取られ、後続の自転車に気づかないでいると、シートベルトが引っ張られ危険を知らせる。

これはホンダが開発したもので、ドライバーの不注意をAI(人工知能)が予測して事故防止につなげる、世界では初めての技術だという。

また、ホンダはソフトバンクと共同で、歩行者に危険を知らせる技術も開発していて、ながらスマホの歩行者が危険だと予測したAIが、通信ネットワークを通じて携帯端末に警告を出す。

ホンダは、2050年に交通事故での死者をゼロにすることを目指すとしている。