コロナ禍で需要が伸びている冷凍食品100品目以上がコンビニで購入可能に。
ローソンの新たな販売戦略。

鮮やかな赤身の馬刺しに、マダイやカンパチの刺し身。
さらには、クロワッサンにフォンダンショコラと、これらはすべて冷凍食品。

コンビニ大手のローソンは、冷凍食品の取り扱いをこれまでの2倍近いおよそ110品目まで拡大すると発表した。

売り場面積も増やすことで、2025年度には2020年度と比べて5倍の売り上げを目指すという。

ローソン・竹増貞信社長「食品ロス問題にもわれわれが切り込んでいく、1つの答えになるのではないか。冷凍食品はご家庭でもお店でも廃棄がほとんど出ません」

ローソンは、こうした店舗を2021年度中に最大5,000店舗まで拡大する予定だという。