25日、沖縄県は県内の港や海岸に大量に漂着した軽石を除去する費用など27億円の補正予算案を県議会に提出しました。

県が議会に提出した補正予算案には港や海岸に漂着した軽石の除去に26億6000万円、漁港にオイルフェンスなどを設置する費用として8600万円が計上されています。

予算案は総務企画委員会で全会一致で可決され、来月2日の本会議で可決・成立する見通しです。

このほか議会では問題の解決に向けて国に対し財政的な支援などを求める意見書も超党派の議員から提出され、全会一致で可決されました。