亡くなった生徒は明るいリーダー的存在

愛知県弥富市の中学校で、3年生の男子生徒(14)が包丁で腹のあたりを刺され死亡した事件。

亡くなった男子生徒は野球部に所属していた。体育祭では仲間の中心に座り、賞状を掲げるなど明るくリーダー的な存在だったという。

亡くなった生徒の幼なじみの女性:
人に優しくしたいと言っていました。自分の感情をあまり表に出さずに、周りを楽しませようとするタイプ…

警察は、現行犯逮捕した同学年の14歳の男子生徒を11月25日、容疑を殺人に切り替えて送検した。

この記事の画像(7枚)

トラブルがあったという趣旨の供述も

調べに対し、取り乱す様子はなく淡々と応じているという男子生徒。捜査関係者によると、事件の動機へとつながる二人の関係についての供述も出ている。

東海テレビ・柴田美奈アナウンサー:
男子生徒は「トラブルがあった」という趣旨の供述をしているということです

2人は同じ小学校出身。

去年は同じクラスだったが、3年で別のクラスになり、部活動も別々だったという。

事件が起きたのは授業が始まる前…

事件が起きたのは登校直後の授業前。

逮捕された男子生徒は、亡くなった生徒を教室に近い廊下に呼び出し、2人が向かい合うように立つ状況で突然腹部を刺したという。

凶器の包丁を「ネットで買った」と話しているという男子生徒。

「2人の間にトラブルがあり、嫌な思いをした」と、いじめをうかがわせる趣旨の供述もしているという。

一方、学校側は「トラブルはなかったと認識している」と説明。

警察はいじめの事実があったのかどうかも含め、慎重に調べている。

保護者からはトラブルの可能性指摘も

一方、保護者への取材では「子どもたちから『LINEをめぐるトラブルがあった』という声があがっている」といった証言も出ている。

顔なじみだった2人の間にいったい何があったのか?

亡くなった生徒を知る男性:
わりとリーダー気質だと思いますよ。馬が合わない子とは結構トラブルになるのかな

保護者:
こんな片田舎だし生徒の数が少ないので。そういう人間関係のトラブルはあんまりないのかなって…

事件があった中学校では今朝、教師らが見守る中、生徒たちが登校。

朝礼では、校長が事件について全校生徒に説明したという。

(「イット!」11月25日放送分より)