新潟県燕市の中学校で、女子生徒が「いじめられてた」と書かれた遺書を残し、自殺した問題で、市教育委員会が設置する第三者委員会の初会合が開かれました。

9日、燕市の中学校の校舎の敷地内で、この学校に通う女子生徒が自殺しているのが見つかり、自宅には「いじめられてた」と書かれた遺書が残っていました。

【高橋正和アナウンサー】
「学校側では、定期的にいじめに関するアンケートをとっていたと言いますが、いじめの有無を調査する第三者委員会が今、この部屋の中で行われています」

燕市教育委員会は25日、医師や弁護士など6人で構成する1回目の第三者委員会を開きました。

【燕市教育委員会 山田公一 教育長】
「将来ある生徒さんの命を守れなかったことは痛恨の極みであり、大変重く受け止めている。教育組織全体に関わる問題として、相互的に取り組むべき事柄についてご提言をお願いします」

この日の会合では、いじめの有無を調査するため、学校側が行っていたアンケートの回答や、教育相談の記録などをもとに教職員や生徒に聞き取り調査を行うかなどを検討しています。

市教育委員会によりますと、会合は今年度中に7回開催する予定です。