福島市の木幡市長は11月25日の会見で、新型コロナウイルス対策などを盛り込んだ総額13億3000万円の補正予算案を公表した。

感染拡大で価格が下落したコメの需要を支えるための事業に、約1700万円を計上。
2022年1月から、福島市産のコメを病院食に使用した市内の病院に対して10キロあたり1500円を補助する方針。
また12月からは、学校給食のパンを米粉が3割配合したものに置き換えるなどして、約55トンの消費を後押しする計画。

この補正予算案は、12月30日に開会予定の12月定例会に提出される。