ホテルや商店にガラスの工芸作品を展示した「街なかアート展」が25日、富山市の中心市街地で始まりました。

この作品展は、富山エクセルホテル東急と富山市の中心市街地活性化に取り組んでいるNPO法人、富山観光創造会議が企画したもので、ホテルと薬やお菓子の老舗など6カ所で展示されています。

このうち、富山エクセルホテル東急のロビーには、溶かして糸状にしたガラスを成型した吉田薫さんのオブジェや、天然の石とガラスを組み合わせ、共生の精神を表現した岩坂卓さんの作品など9人の作家による44点が並んでいます。

この街なかアート展は、今月30日まで開かれています。