自然災害に対応する最新技術や防災用品を集めた展示会が、24日から2日間の日程で、益城町で始まりました。
全国の防災用品メーカーなど180の企業や団体が避難所用の段ボールベッドや、賞味期限が5年間の防災食などを展示しています。
また、災害時だけでなくアウトドアでも使える大容量のポータブル電源や軽自動車をベースにしたキャンピングカーも注目を集めています。