2014年に佐世保市で高校の同級生を殺害し、医療少年院に収容されている「元少女」の収容継続が確定したことが分かりました。

現在23歳の元少女は、佐世保市の高校に通っていた2014年7月、同級生を殺害したとして逮捕され、医療少年院に収容されています。

長崎家庭裁判所は2021年8月、2024年までの収容継続を認める決定を出しましたが、元少女側はこれを不服として、福岡高等裁判所に抗告。

しかし、福岡高裁は11月4日付けで長崎家裁の決定を支持し、抗告を棄却していました。

元少女側は決定が不服であれば最高裁への再抗告も可能でしたが、福岡高裁によりますと、22日までの期限に再抗告の申し立てがなかったため、23日付けで収容継続が確定したということです。