兵庫県の住宅火災で子どもとみられる2人の遺体が見つかった放火事件。火の手が上がった直後、近くの防犯カメラに、現場から立ち去る男が映っていることが分かりました。

防カメに“現場から立ち去る男”伯父の可能性も

兵庫県稲美町で住宅が全焼し子供とみられる2人の遺体が見つかった放火事件。火災発生直後から連絡がつかない50代の伯父の行方は今も分かっていません。

そうした中、新たな情報が…

田中良幸リポーター
警察によると、火が出た直後に現場近くの防犯カメラには男が立ち去るような姿が映っていたということです。

この記事の画像(10枚)

捜査関係者によると、父親が仕事終わりの母親を迎えに行くため車で外出した約20分後に火の手があがり、その直後、近くの防犯カメラに現場から歩き去る男が映っていたというのです。

警察はこの男が、連絡がつかなくなっている伯父である可能性もあるとみて行方を追っています。

警察によると、数年前からこの家の家族と同居していたという伯父。

近所の人
家自体は次女夫婦と子供2人、それと今、伯父さんでね。仲良くやっとったんちゃうかなと思うねんけど。(伯父)が生活保護受けたい、働きたくないと言っていた

免許もなく、車も持っていないことから、警察は徒歩で現場を離れ、移動したと見ています。
それにもかかわらず、いまだつかめない足取り。

伯父は今、どこにいるのでしょうか?

午後11時50分ごろ。先週金曜日に火事が発生した同じ時刻に取材すると、辺りは静まりかえった住宅街、街灯も少なく、人通りは全くありません。

近所の人に話を聞くと…

――午前0時くらいにその辺を歩いていると不審?

近所の男性
不審じゃな。夜中にウォーキングする人なんかおれへんでしょ

現場周辺を歩いてみると…

田中良幸リポーター
家のすぐそばには小学校であったり、幼稚園があったりする場所。ただ、ほとんどが田んぼに囲まれている場所になります。タクシーなども走ってないような場所になりますね

現場から徒歩で移動したとみられる伯父。この後、公共交通機関を利用した可能性はあるのでしょうか?

“車・免許なし”駅まで徒歩1時間…移動手段は?伯父の足取り追跡

現場から徒歩で10分ほどの場所にあるバス停。火災が発生したのは、午後11時50分ごろ。その時間帯の時刻表を見てみるとバスは走っておらず、寒空の中、始発までは7時間も待つことになります。

一方、火災現場から近い最寄りの駅は、JR土山駅。

現場からはおよそ4kmあり、大人の足でも1時間ほどかかります。終電の時間は午前0時41分です。

めざまし8が取材を進めると、火事当日、駅周辺にいたタクシードライバーがその日のことを鮮明に記憶していました。

タクシー運転手
その当日(時間帯)はJRが止まっていたんですよ。だからほとんど人がいない。夜は1台~3台しかいなくてどんどん走っているから途中で手をあげても多分、止まらないくらい

タクシードライバーによると、その日はタクシーの台数が少なかったため、路上で止めるのも難しい状況だったといいます。

さらに、地元住民からは、こんな声も…

地元住人
どこに行ったんかね。池があるからね。ここまで来るのに。だからそこに入り込んだのかなと思ったり…

現場から駅までの間にある池。この池周辺を取材すると、ある目撃情報が…

近隣住人
50代くらいの人やったと思うんだけどね。なんかウロウロ、ウロウロしとってね。

11月22日朝、池周辺を徘徊する50代くらいの男性を見かけたというのです。

近隣住人
(池の入り口)ここを入っていったり出ていったりしとったから。こういう風な青色のジャンパーを。そんなような服を着とったと思うんだけど…ちょっとひげ面でウロウロしとったから、おかしいなぁと思ってちょっと見ていただけ…

――あまりこの辺で見ない顔?

近隣住人
見いひん

――50代の伯父が行方不明というのを聞いてピンときた?

近隣住人
そうそう。50代言いよったから、あれちょっとおかしいなと思って

住民が見かけた50代くらいの男性は、行方不明の伯父と同一人物なのでしょうか?
兵庫県警は引き続き、伯父の行方を追っています。

(めざまし8 11月24日放送より)