紀文も、かまぼこや、ちくわなどを値上げする。

紀文は、来年2022年2月28日納品分からかまぼこやちくわなどの魚肉練り製品362品目、たまご加工品などの総菜製品86品目を希望小売価格の平均でおよそ8%値上げすると発表した。

今年の初めから魚肉すり身を中心とした原材料価格の高止まりしていることに加え原油高により、包装資材費や物流費、エネルギー費が高騰しているためとしている。

すり身製品をめぐっては日本水産(ニッスイ)も来年2月からの値上げを発表している。