24日朝は長野県の西側の地域を中心に雪となり、平地でも初めて雪が積もりました。

午前7時ごろの白馬村。

大粒の雪が降りしきるなか、子どもたちが登校していました。

県内は冬型の気圧配置で寒気が流れ込み、23日夜から県の西側を中心に雪となりました。

道路には5センチほどの雪が積もり、雪かきに追われる住民の姿も見られました。

住民:
「雪が湿ってるから重くてね。でも、これから本格的にシーズンが始まるんで、これくらいの雪で驚いてちゃ、先が思いやられますね」

宿泊施設:
「シーズンインをこの雪でちゃんと迎えられそう。(お客さんが)たくさん来てくれるといい」

日中の予想最高気温は、長野と松本が9度、飯田が8度など平地でも10度に届かず、冬に向かって寒さが強まる1日になりそうです。