日本医師会は東京都内で会見し、「医療が危機的な状況」だと宣言し、国は緊急事態宣言を出して対処すべきだとの見解をあらためて表明した。

日本医師会は1日に会見し、現在の新型コロナウイルスについて、「多くの資源を注入しながら、それ以外の疾病も継続するという危機的な状況に陥りつつある」との見解を示したうえで、「医療危機的状況」を宣言した。

そのうえで、日本医師会では国に対して、緊急事態宣言を出して対処すべきだとの見解をあらためて表明した。

日本医師会は、一部地域で病床が不足しつつあることなどをあげ、医療提供体制の維持のために、健康管理や感染を広げない対策などを呼びかけている。