大根2本とカブ約10個を盗まれる

こちらは犯行現場をとらえた防犯カメラの映像。

群馬県藤岡市にある農園内の畑にしゃがみ込む人物。腕には大きなバッグをかけている。

農園内の畑にしゃがみ込む人物 腕には大きなバッグが…
この記事の画像(10枚)

片手に大根を抱え、もう一方の手でスイスイとカブを引き抜いていく。

片手に大根を抱え、もう一方の手でカブを引き抜いていく(防犯カメラ映像)

この農園では11月18日、大根2本とカブ約10個を盗まれた。

被害にあった夫婦:
人も信じられなくなってきて…農家辞めようかなっていう気持ちも生まれたりしています

野菜泥棒の被害に遭った夫婦

夫婦の畑は、このところ立て続けに狙われていた。11月14日には別の人物が畑に侵入し、カブを盗んで逃走。

カブを盗む別の人物(11月14日)

そこで夫が張り込みを始めたところ、3日後に同じ服装の男が現れ、隣の人の畑から野菜を盗み始めたという。

「出るところ出て言えばいい」と開き直り

張り込んでいた夫が、野菜を盗んだ男を追及したやり取りがこちら。

野菜を盗んだ男:
あんたがここで作ってるのなんて見たこともない

張り込んでいた夫:
謝る気はないんだ

野菜を盗んだ男:
ない!

張り込んでいた夫:
絶対に謝らないんだ

野菜を盗んだ男:
ない!

張り込んでいた夫:
一生懸命人が作ったものを盗んで謝る気はないんだ?

野菜を盗んだ男:
うん。出るところ出て、言えばいいんだよ

張り込んでいた夫:
ごめんなさいの一言もできないんだ

野菜を盗んだ男:
ああ、できねぇ

張り込んでいた夫:
人の物(野菜)をもぎ取ってるんだよ。それ俺、見てるんだよ

野菜を盗んだ男:
同じこと言ってるんだよ バカみたいに。一生懸命作ってる畑がこれだもんな。ロクなもんじゃねぇよ

悪びれず…警察官もあきれる態度

男は夫婦の畑からも盗んだことを認めたものの、完全に開き直り謝罪を拒否。駆けつけた警察官も呆れる態度だった。

警察官:
悪いことをしたらどうするの?

野菜を盗んだ男:
謝らないかんべ

張り込んでいた夫:
謝らないってさっき俺に言ったんだよ

警察官:
なに威張ってんだよ!

警察に対しても悪びれる様子はなく、男は連行されていった。

張り込んでいた夫:
本当は野菜を盗られても別にしょうがないかなと思ったんですけど…勉強しながらいろいろやってる畑をバカにされたのがすごく悔しくて。

冒頭の被害にあったのは、この翌日の出来事。夫婦はこちらについても被害届を提出した。

(「イット!」11月22日放送分より)