大分・臼杵市の若林純一議員。
議会でマスク着用を強要され、発言を禁じられたのは違法だとして、22日、臼杵市と市議会を相手取り、大分地裁に提訴した。

その際、マスクは着用していなかった。

若林純一議員「マスクをつける必要があるなら、理由を示していただけなければ、わたしはつけることができない」

若林議員は、9月の市議会に鼻出しマスクの状態で出席し、議会を紛糾させた人物。

何度も適切なマスクの着用を求められたにもかかわらず、応じなかったため、発言を認められなかった。

市議会は、若林議員が、市内の中学校周辺などで新型コロナワクチンの子どもへの接種停止を求めるチラシを、マスクをつけずに配布したことなど、9つの理由を挙げて、辞職勧告を決議。

若林議員は、辞職を拒否している。

臼杵市議会は、議会運営委員会で、議会への出席者がマスクを着用することを申し合わせている。

これに対し、若林議員側は、議会運営委員会の決定に強制力はなく、発言を認めなかったことは、表現の自由を侵害しているなどと主張。

市議会に対し、マスクを着用しなくても、議会に出席して発言する権利を求めることや、発言を禁止した処分を取り消すこと、また、市に対し100万円の損害賠償を求めている。

若林議員「僕は、マスクは害があると思うし、議会でマスクしないと発言させないとなったので、いかがなものかと」

臼杵市は、「訴状が届いていないので、コメントできない」としている。