11月19日は、140年ぶりの天体ショーです。月の大部分が欠ける「部分月食」が日本全国で見られました。

 午後6時2分に月食の最大をむかえ徐々に明るい面積が広がっています。午後7時47分にかけて、元の満月に戻っていきます。

 今回の部分月食は、月の約98%が欠ける「深い部分月食」で、全国的にみられるのは、140年ぶりです。

 次回、日本全国で見られる月食は、2022年11月8日の「皆既月食」です。