バレーボール女子日本代表で活躍し、2021年、現役を引退した倉敷市出身の荒木絵里香さんが19日、地元の警察署で一日署長に就任しました。

倉敷警察署で一日署長を務めたのは、女子バレーでオリンピック4大会に出場した倉敷市出身の荒木絵里香さんです。

東京オリンピックでも日本代表チームのキャプテンを務め、2021年9月に現役を引退しました。

荒木さんは一日警察署長として、白バイ走行の訓練や、不審者の制圧を想定した訓練を視察し、その迫力に驚いていました。

(倉敷警察署 荒木絵里香一日警察署長)
「私たちスポーツ選手が毎日練習をするように警察官も日々訓練をしていることが伝わった。」

11月は、青少年健全育成強調月間に定められていて、荒木さんは訓練の視察後、地元の小・中学校などで子供たちに啓発活動を行いました。

岡山放送
岡山放送

岡山・香川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

メディア
記事 1107