日本大学付属病院をめぐる背任事件の家宅捜索で、田中英寿理事長(74)の自宅から、2億円余りの現金が見つかっていたことがわかった。

日大元理事の井ノ口忠男被告(64)と医療法人グループ前理事長の籔本雅巳被告(61)は、病院の工事などをめぐり、日大に4億円余りの損害を与えた背任の罪で起訴されている。

関係者によると、東京地検特捜部が関係先として、田中理事長の自宅を家宅捜索した際、現金2億円余りが見つかり、帯封が押収された。

また田中理事長は、1億円余りの所得を税務申告していなかったとみられ、特捜部は脱税の可能性も視野に調べている。