静岡県富士宮市のニワトリ小屋に16日夜から17日朝にかけ、再びクマが現れていたことがわかりました。

猟友会は捕獲しようと18日朝にワナのエサを変えています。

小屋の柵を乗り越える1頭のクマ。16日午後11時過ぎから17日午前5時半ころまでにツキノワグマとみられるクマが確認されました。

監視カメラが仕掛けられた富士宮市人穴の牧場にあるニワトリ小屋では、15日までに3日連続でクマ1頭が現れウコッケイ35羽が食べられる被害が出ていました。

猟友会によりますと、付近に仕掛けたワナには近づかず小屋にもウコッケイはいないためそのまま立ち去ったとみられます。

西富士山麓猟友会・藤浪庸一会長 「これは相当危険な状況じゃないかなと思います。近くにいる可能性大なので捕獲に全力尽くしたい」

猟友会はワナのエサを変えるとともに、新たなワナも設置する予定です。