俳句を詠むことで高齢者の認知症予防に繋げようと、16日、坂井市内で俳句の体験教室が開かれた。

この教室は、市内に住む60歳以上の高齢者を対象に、坂井市や認知症の検査サービスを行う企業などが開いた。

教室では、参加者が事前に考えてきた俳句を、福井在住の俳人・中内亮玄さんに手直ししてもらいながら、俳句の魅力を学んでいた。この認知症予防教室は12月上旬まで開かれる。