お笑いタレント・志村けんさんの死去が伝えられてから一夜が明けた。

志村さんの実家がある東京・東村山市の駅前に設置された献花台には、多くの人が花を手向けに訪れ、死を悼んでいる。

29日、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったお笑いタレントの志村けんさん。

志村さんの「東村山音頭」で全国に名を知られるようになった東村山市の駅前には、31日朝から多くの人が献花に訪れ、中には涙する人もいた。

献花に訪れた人は、「絶対に元気になって、また笑顔を見られると思っていた」、「憧れみたいな。星みたいな感じだった」などと話した。

志村さんは、荼毘(だび)に付されたあと、31日中にも遺族のもとに戻るという。