晴れの門出を彩ったドレスが、地球への優しさから生まれ変わる。

犬たちが身につけている、ふりふりのついたドレスやタキシード。

このかわいらしい衣装の元になっているのは...。

ベスト‐アニバーサリー・塚田健斗社長「日々、結婚式でご提供させていただいている衣装。生まれ変わらせることができるのは、1つ可能性を感じている」

ウエディングドレスなどのレンタルを行っている「ベスト‐アニバーサリー」。

取り扱う衣装は、修繕を繰り返しながら貸し出している。

しかし、繊細な生地を使っているものも多いため、直すのにも限界があり、多くの衣装が廃棄されてきた。

そこで始めたのが。

ベスト‐アニバーサリー・塚田社長「今回、犬用の新しい衣装を作れないかということで自社で開発して、今回このような形に至った」

ウエディングドレスから作る犬用の衣装作り。

まず、犬用の型紙に沿って生地を裁断し、ミシンで縫い合わせる。

ボリューム感を出すためにパニエを重ね、最後にパーツの位置を決め、手縫いし、完成。

ベスト‐アニバーサリー マーケティング部・堀口生太アシスタントマネジャー「レースの素材なども適当に切っていくわけではなくて、縫い目の間がきちんと柄がそろうように、というところが一番大変。ボリュームを出すための仕様でパニエを作っている。人間と同じようなドレスになるような工夫としてやっている」

ドレス1着から作られる犬用の衣装は、基本1着。

これまでに30着以上のレンタル衣装に、新たな命が吹き込まれた。

利用した人は。

利用者「本当にウエディングドレスなので、色打掛とかもすごくすてきで、取れる柄とかも唯一無二。取れる柄が決まっていると思うので、すごくうれしかったです。かわいくて」

捨てられていたはずのドレスから、世界でオンリーワンの衣装を生み出すサステイナブルな取り組み。

今後については。

ベスト‐アニバーサリー・塚田社長「今後、われわれが使っている、こういったすてきな生地を含めて、エコバッグなどに生まれ変わらせて、販売をしていくことは今後の可能性としてはある」