横浜市の旧大口病院で、入院患者3人の点滴に消毒液を混入し、殺害するなどした罪に問われた、元看護師・久保木愛弓被告(34)に対して、横浜地裁は、無期懲役の判決を言い渡した。

殺人などの罪に問われている久保木愛弓被告(34)
この記事の画像(3枚)

久保木被告は2016年9月、当時勤務していた旧大口病院で、入院中の78歳の女性患者と88歳の男性患者2人の点滴に、消毒液を混入して殺害した他、患者に投与予定の点滴袋5個に消毒液を入れた、殺人と殺人予備の罪に問われている。

久保木被告は起訴内容を認め、検察側は死刑を求刑していた。 裁判の争点は、刑事責任能力の程度。弁護側は「事件当時、心神耗弱の状態で、無期懲役が相当」と主張していた。

冒頭陳述によると、久保木被告は、患者が亡くなった際に、家族に説明するのが苦手で、対応しなくてすむよう、患者を殺害することを決意したという。被告人質問で久保木被告は、殺害の動機について「家族に責められたこと」と述べていた。

社会部
社会部
記事 606