お笑いタレントの志村けんさんが29日夜、都内の病院で新型コロナウイルス肺炎のため亡くなった。
70歳だった。

志村けんさん死去の一報を受け、志村けんさんが入院していた東京・新宿区の病院前には多くの報道陣が集まっていて、突然の訃報の衝撃が広がっている。

志村けんさんが所属していた事務所は30日午前、取材に応じ、「本人もこんな形で亡くなるとは思ってなかったと思う。最後まで人を笑わせることに使命を感じていた。まだ放送も残っているので、思い出して笑っていただければ」と話すとともに、「ドリフターズの3人には、亡くなった時点で電話で知らせた。一様にショックを受けている」と述べている。

事務所によると、葬儀などは親族のみで行う予定で、お別れ会については遺族と相談して決めるという。

病院の近くを通行していた人も一様に驚きを隠せない様子で、志村さんと同年代の女性は「ニュースで知り、驚いた。わたしたちの年代は急に悪くなることがあるから、気をつけないといけない」と話していた。