福岡県中間市で2020年、20代の夫婦が3歳の息子に虐待を加え死亡させた事件。
裁判所は11月5日、両親にそれぞれ懲役12年の判決を言い渡した。

凄絶な虐待が…

2020年8月に死亡した末益愛翔ちゃん(当時3歳)。

2020年8月、虐待で命を落とした愛翔ちゃん
この記事の画像(5枚)

母親の歩被告(23)と、愛翔ちゃんの義理の父親・涼雅被告(24)は、当時3歳だった愛翔ちゃんを繰り返し暴行し傷害致死などの罪で起訴された。

接見に応じた父親「暑くてイライラしていた」母親は一部否認

判決を目前に控えた11月2日には、涼雅被告が拘置所でFNNの記者の接見に応じ、胸の内を明かした。

記者:
なぜ死ぬまで虐待しなければならなかった?

末益涼雅被告:
分からない。仕事をしていて暑くて、ずっとイライラしていた。

検察側によると、2020年4月、歩被告は愛翔ちゃんを連れて涼雅被告と同居を始めその後結婚。それ以降、愛翔ちゃんへの暴行が始まったとされる。

裁判で起訴内容を認めている涼雅被告。
一方の歩被告は「私自身、手は加えておらず共謀の事実はありません」と一部否認している。

愛翔ちゃんの体に無数の傷「歩がやった」

愛翔ちゃんの体には245カ所もの傷跡があった。
検察側は、そのうち174カ所がたばこの火かスタンガンによるものである可能性が高いと指摘。

この傷跡について涼雅被告は、接見した記者に「歩被告がやった」と話した。

末益涼雅被告:
僕は太いタバコを吸っている。あれは女物です。歩がやったと思う

涼雅被告「ペットのほうが上」

愛翔ちゃんは、歩被告からペットのフェレット・モモちゃんのトイレ用の砂を食べさせられていた。

記者:
家庭内での序列は愛翔ちゃんより(ペットのフェレット)モモちゃんの方が上だった?

末益涼雅被告:
モモちゃんへの愛が上だったかもしれません。

検察側は「2人は互いに暴行を容認し助長していった」と指摘し、それぞれに懲役13年を求刑。
対する涼雅被告の弁護側は懲役7年が相当と主張。
歩被告の弁護側は執行猶予付きの判決を求めていた。

裁判所の判決と理由は

そして11月5日、判決公判を迎えた。
2人に言い渡されたのはそれぞれ懲役12年の判決。

判決の中で裁判長は「2人は互いに暴力を誘発・助長・促進していた」と指摘。
「思いのままにいかないことで行った身勝手で理不尽な犯行。尊い命を奪い去ったむごいの一言に尽きる」と断罪した。

(「イット!」11月5日放送分より)

イット!
イット!
メディア
記事 1651