今回の衆議院選挙で、自民党では、石原元幹事長ら大物議員が落選したほか、甘利幹事長が小選挙区で落選し、岸田首相に辞任の意向を伝えた。

自民党・石原伸晃元幹事長「今回は、私の力量不足でこのような結果を招いてしまい、本当に申し訳ございません」

野田毅元自治相「皆さんの期待に応えることができなかったこの結果について、誠に申し訳ない。心からおわび申し上げます」

小選挙区で落選した石原氏と野田元自治相は、比例で復活することなく落選した。

若宮健嗣万博相「私自身、精いっぱいやったつもりでしたが、力及ばず、本当に申し訳なく思っています」

桜田義孝元五輪相「全て私の責任に発するもので、心からおわび申し上げたい」

若宮、桜田両氏のほか、選挙を取り仕切る現職幹事長の甘利氏は、小選挙区で落選し、比例で復活した。

甘利氏は、岸田首相に辞任の意向を伝えた。

甘利氏の処遇について、岸田首相は記者団に対し、「本人の話を聞いたうえでわたしが判断する」と述べた。