音声ガイドに初挑戦 新木優子が感じたプレッシャーとは?

横浜流星さん(23)と新木優子さん(26)が3月1日、大阪で開催されているファッションブランドの展覧会に登場した。

このイベントで音声ガイダンスを務めた2人。収録のエピソードを聞かれると…

新木優子:
最初に横浜さんがとっていらっしゃって。横浜さんのパートを聞かされていて、すごくプレッシャーでした

新木優子:
すごくステキだったので

横浜流星:
声のお仕事に興味があったのでうれしかったです。聞いている人にわかりやすく表現しなければならなかったので少し難しかったですが、とても貴重な機会でした

さらに、大阪での思い出を聞かれた横浜流星さんは…

横浜流星:
空手をやっていて、全日本大会が大阪でありまして。そこで初めて大きい大会で結果が出せて、普段、無口な父が「おめでとう」と言ってくれて

横浜流星:
おいしい焼き肉屋さんに連れて行ってくれたのをすごく覚えているんですけど、その焼き肉屋さんがどこなのかというのは…覚えていないです(笑)

と、父親との思い出の味を振り返った。一方の新木優子さんは、「関西の方からもらう声援はとてもパワーがあり、SNSでのコメントやショーに来た際に、いつも元気をもらっています」と話した。

アンバサダーの2人が考える“ディオールの魅力”

ディオール ファッションのジャパンアンバサダーである新木優子さんは、サンドピンクのカラーで裾に向かって広がる美しいシルエットのドレスを纏い、メンズ初の同アンバサダーに就任した横浜流星さんは、ディオールにとって特別な色であるグレーのスーツ姿を披露した。

ディオールの魅力について聞かれると、新木優子さんは「女性らしさを引き立たせてくれるところ」、横浜流星さんは「品があり、シックでエレガントなところ」と回答。

展覧会「ディオール、パリから日本へ」は、3月22日(日)まで(職人によるデモンストレーションおよび併設のギフトショップは3月15日まで)大阪の阪急うめだ本店で開催される。

(「めざましテレビ」3月2日放送分より)