(気象予報士 吉田裕美)
10月27日7時半ごろに岩手県盛岡市の岩山展望台から撮影された雲海。
盛岡市内は27日朝、濃い霧に包まれていたが、それを高い所から見るときれいな雲海として見られた。
盛岡では26日夕方まで雨が降り続いて、空気中に水蒸気がたっぷり含まれた状態だった。
それが27日朝に気温が下がったことで冷やされ、発生した霧が雲海になったと見られる。

秋は雲海が発生しやすい季節だが、気象条件が揃わないとなかなか見ることができない。
その気象条件は「前日が雨・風が弱まる・放射冷却で朝冷える」の3つがポイント。
雨の日に、「あすは高気圧に覆われて天気回復しますよ」と天気予報で言っていたらチャンス。