プレスリリース配信元:Astute Analytica

ASTUTE ANALYTICA社が2021年10月26日に発表した最新レポートによると、革新的な医療機器技術の使用の増加、医療機器のデジタル化の進展、治療結果の改善の重視などが、この分野の市場拡大の原動力となっています。


世界の医療機器市場は、2021年から2027年の予測期間において、金額ベースで6.3%のCAGRで成長すると予想されています。慢性疾患の発生率の増加や低侵襲治療への需要の高まりなどの要因が、2027年までに6,253億米ドルの収益を生み出すと予測されています。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.astuteanalytica.com/request-sample/medical-devices-market

慢性疾患は、米国で最も一般的で費用のかかる健康問題の一つです。アメリカ人の半数近くが少なくとも1つの慢性疾患を抱えており、その数は増加しています。癌、糖尿病、高血圧、脳卒中、心臓病、呼吸器疾患、関節炎、肥満、口腔疾患などは、入院や長期にわたる障害につながる慢性疾患であり、医療機器市場の盛り上がりにつながっています。

手間のかからない新しい在宅モニタリング医療機器の登場や、高齢者人口の増加なども市場を牽引する要因となっています。世界のさまざまな国では、主に高齢者が人口の大半を占めています。高齢化が進むと長期的なケアが必要になるため、ヘルスケアのための新しい医療機器の開発が求められています。世界保健機関(WHO)によると、60歳以上の人口は、2015年には約9億人、2050年には約20億人に達すると予想されており、その増加の大部分は発展途上国で起きています。2015年から2050年にかけて、60歳以上の人口が占める割合は、12%から22%へと倍増します。2050年には、世界の高齢者の80%が低・中所得国に居住することになります。

医療機器の技術的進歩が市場に収益機会をもたらす
ヘルスケアビジネスにおける3Dプリンティングの登場は、医療機器業界にも多大な影響を与えているようです。様々な技術を駆使して複雑な構造物を素早く作り上げることができるため、高度な医療機器の製造が急増しています。整形外科用インプラントでは、性能と柔軟性を向上させ、長寿命で高品質、かつ最適なフィット感を持つインプラントの開発が可能になるため、非常に重要です。

5Gに接続されたセンサーや医療機器はレイテンシーがゼロに近いため、ほぼ瞬時にデータを収集・転送することができ、患者のモニタリングや患者の予後を改善することができます。5G、ヘルスケア、ロボット工学を組み合わせることで得られるメリットは、すでに未来学者たちによって検討されています。医療機器のイノベーションに関しては、世界トップクラスの医療技術企業であるメドトロニック社が、ペースメーカー用の次世代患者モニタリングシステムをすでに発表しています。ペースメーカーは、Bluetooth技術に対応したスマートフォンベースのモバイルアプリと連動させることができ、患者はより理解しやすく、より使いやすくなります。これにより、遠隔モニタリングが改善され、その結果、患者の予後も改善されることになります。

地域別分析
医療機器の市場は、地理的に5つの地域に分けられます。北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカ(MEA)の5地域です。2020年の世界市場では、北米が最大のシェアを占めており、この優位性は予測期間中も継続すると予測されています。革新的な医療機器技術の使用の増加、医療機器のデジタル化の進展、治療結果の改善の重視などが、この地域の市場拡大の原動力となっています。

米国では、6,500社以上の医療機器メーカーが存在し、その大半が中小企業です。マイクロエレクトロニクス、通信、計測器、バイオテクノロジー、ソフトウェア開発などは、医療機器ビジネスが国の競争力に依存している分野のほんの一例です。共同研究により、ステント技術、神経刺激装置、ロボット支援、バイオマーカー、埋め込み型電子機器など、最近の進歩につながっています。この業界は、技術革新と、病状を治したり診断したりするための改良方法を常に追求することによって、将来の成長が確実なものとなっています。

しかし、予測期間中、アジア太平洋地域はCAGR 7.1%で成長すると予想されており、2020年には中国が輸出全体の半分以上を占め、日本がそれに続くことになります。アジア太平洋地域の医療機器市場は、所得水準の向上、民間部門の投資の増加、政府の奨励策などにより、堅調な発展が見込まれています。

競合他社の分析
主な対象企業は、3M株式会社、アボット・ラボラトリーズ、アラガン・インク、バクスター・インターナショナル・インク、バイエル、ベクトン・ディッキンソン・アンド・カンパニー、ボストン・サイエンティフィック・コーポレーション、カーディナル・ヘルス・インク、コヴィディエン・ピーエルシー、クライオライフ・インク、ダナハー、デピュイ・シンセシス、エンドロギックス・インク、エシロール・インターナショナルSA、フレゼニウス・メディカル・ケアAG & Co. KGAA、GE、Healthcare、Getinge Ab、Johnson Johnson、Koninklijke Philips NV、Medtronic Inc、Novartis AG、Olympus Corp、Roche Diagnostics、Siemens Healthcare、Smith & Nephew PLC、Smiths Medical、St.Jude Medical Inc.、Stryker Corp. テルモ株式会社、サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック社、ジマー・ホールディングス社など。市場の成長に大きく貢献している企業は、市場の拡大を維持するための経済的支柱として機能しています。例えば、2021年6月、ライフサイエンス分野の投資家であるノボ・ホールディングスは、4億6,300万米ドル(4億ポンド)以上の企業価値で、エクスプロイメント社からBBIグループを買収しました。BBIグループは、世界の診断・ライフサイエンス業界に製品・サービスを提供しています。

マーケット・セグメンテーション

製品別


診断機器

電気診断装置

超音波診断装置
磁気共鳴画像(MRI)装置
心電計
シンチグラフィ装置
その他の電気診断機器


放射線機器

CTスキャナー
その他医療用X線装置


イメージングパーツ&アクセサリー

造影剤
X線管
医療用X線フィルム
その他イメージングパーツ&アクセサリー




消耗品

シリンジ、ニードル、カテーテル

シリンジ(針付き/針なし
筒状金属針・縫合用針
その他


包帯・ドレッシング

接着剤付き医療用ドレッシング
非粘着性医療用ドレッシング


縫合材料
その他の消耗品

サージカルグローブ
オストメイト製品
血液凝固用試薬
ファーストエイドボックス&キット


患者用補助器具

携帯用補助器具

聴覚補助機器
ペースメーカー




治療用アプリケーション

治療用呼吸器
メカノテラピー機器


その他(内視鏡、除細動器、CRT装置など
整形外科・人工関節

固定装置
人工関節
その他の人工身体部品


歯科製品

歯科用器具・用品

歯科用器具
歯科用セメント
歯とその他の付属品




歯科医療機器

歯科用ドリル
デンタルチェアー
歯科用X線装置


患者監視装置
その他の医療機器カテゴリー

眼科用機器
病院用家具
車椅子
医療・外科用滅菌器
紫外線・赤外線照射装置
その他の機器・器具







アプリケーション別


腫瘍学
循環器系
整形外科
眼科領域
呼吸器系
泌尿器科・婦人科
一般・形成外科
歯科
糖尿病治療
創傷治療
腎臓病学
一般病院およびヘルスケア
耳鼻咽喉科
その他

エンドユーザー別


病院・手術室
クリニック
家庭
その他のエンドユーザー

地域別


北アメリカ

U.S.
カナダ
メキシコ


ヨーロッパ

英国
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
ポーランド
ロシア
その他のヨーロッパ諸国


アジア太平洋

中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
韓国
ASEAN
その他のアジア太平洋地域


中東・アフリカ(MEA)

アラブ首長国連邦
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAのその他の地域


南米

アルゼンチン
ブラジル
その他の南アメリカ地域



続きを読む:https://www.astuteanalytica.com/industry-report/medical-devices-market

私たちについて:

Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経験豊富なチームがあるからこそ可能なことです。私たちの優先順位は、お客様を最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高のパッケージを手に

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。