後援会解散…政界進出は改めて否定

11日夕方、福岡・田川市の後援会に引退の挨拶をしたという元貴乃花親方。

この記事の画像(5枚)

大村正樹フィールドキャスター:
今後は花田光司さんで行くのか、貴乃花光司さんで行くのかどちらですか?

元貴乃花親方:
きょう花田光司さんになりましたよ。
 

「花田光司」として生きていくと宣言した元貴乃花親方。
“相撲道”の次は、どんな道へと歩むのだろうか。そして、噂となっている政界については?


大村:
もう引退から17日ですけど、今後については引く手あまただと思いますけど、ご自身の中では方向性というか…
 
元貴乃花親方:
引く手あまたというのは?
 
大村:
いろんな方から声が掛かってると思うんですけど。

元貴乃花親方:
それはまた…政治の話ですか?

大村:
いいえ違います。政治は出ませんよね?

元貴乃花親方:
政治は出ませんよ、本当に出ませんよ。完全に出ませんので。

安藤優子:
木村さん、先週、議員会館に入っていく花田光司さんを見て、あれは出馬宣言だとおっしゃっていましたよね?でも全面否定していましたよ。

木村太郎(ジャーナリスト):
トランプ大統領の当選は当たったんだけどね(笑)。だけどね、完全否定っていうのは何事もしないほうがいいですよ。退路を断っちゃうと、もし出馬宣言した時に、しないっていったのにしたっていうふうにね、全部そういうのが後でマイナスになるから、それは言わないほうがいいと思います。

安藤:
でもさっき三田さんが気づいていたんですが、ちっちゃい声で「まだ」って言ったんですよね。まだしないって。
 
木村:
あ、そう。でも完全にって言ったらね。

安藤:
いや、まだ完全にしないっていう風に聞こえたんですが。坂上さんも聞こえましたよね?

坂上忍:
聞こえましたね。まだって言葉を聞いたときに、ん?思わず出ちゃったのかなって思ったんですけど、ただやっぱりあそこまで否定するっていうのはね。何より顔がすっきりされちゃってるんですよね。

安藤:
全く戦闘モードじゃないですよね。

坂上:
そうなんですよ。あれがなんかちょっとファンとしてどこか寂しいというか、まだどこかで戦っていてほしいなと思っちゃうんですけど。
 

政治の世界に出ることは完全否定した花田光司氏。今後はどのような人生を歩むつもりなのだろうか。スタジオでは「花田光司の今後の道」を検証した。

残した土俵 相撲界に返り咲く日は来る?

大村:
昨日をもって“花田光司になりましたよ”って聞いて、30年ぶりに本名に戻ったその思いは、なんなのでしょうか。個人的には、相撲との境界との不退転の決意というか完全に戻らないよというメッセージでもあったように思います。
 

<ゆくゆくはまた相撲界に?>

・後援会は解散するものの、裏のプレハブ小屋・土俵は残している

・後援会会長は「解散はするけど今後も元貴乃花親方を応援していく。そういう心でつながっている」

・元貴乃花親方は「ここ田川は第二の故郷のような場所(中略)祭りとかでちびっこ相撲の口火を切っていきたい」

→ 福岡・田川市から相撲界に返り咲く可能性も?



大村:
今後、土俵は残して何かのために使いたいとおっしゃっていました。ちびっこ相撲として使ってもいいとおっしゃっていましたし、いろんな活用方法があるそうなんですけど。

安藤:
施設を残すっていうのは、やっぱり相撲に通ずる道を一本残したなって感じますね。

坂上:
やっぱり東京の土俵も残すわけですから、それこそ、お弟子さんたちが使うのは自由だと言っていますけれど、なにか願いを込めて復帰を期待している自分もいるんですよね。


また相撲界に返り咲く可能性はあるのだろうか。今後の花田光司さんの動きが注目される。


(「直撃LIVE グッディ!」10月12日放送分より)