人間なら“90代”でも恋愛は現役! ボスザル「ナンチュウ」

大分市の高崎山では、サルたちの“恋の季節”真っ最中。今シーズンのサルたちの恋模様を取材した。

今シーズン1番の寒気が流れ込んだ大分県内。高崎山では、サルたちが身を寄せ合って暖を取る名物の「サルだんご」が見られた。

この記事の画像(10枚)

こうした寒い中でも、サルたちの恋は熱く燃え上がっている。

B軍のボスザル「ナンチュウ」は30歳。人間で言うと、もう90代のおじいちゃん。

しかし、まだまだ恋愛は現役! 連日、メスザルを追いかけている。

高崎山 楽猿案内係・江川順子さん:
一生恋をするって感じですね

この日は、こんな場面が。

奥にいる「ナンチュウ」の近くにお目当てのメスザルがいるが、2匹の間には、ナンチュウと以前カップルになった元彼女のメスザルが。複雑な三角関係が見られた。

高崎山 楽猿案内係・江川順子さん:
(オスは)好きな子を見つけると追いかけて、かみついて求愛するが、彼(ナンチュウ)はそんな激しいことはあまりなく、毛づくろいをしてあげたりとか優しい一面がある。ちょっと下心が見えますけどね

ボスザルなのに奥手だという「ナンチュウ」。その後も、お目当てのメスザルに近づきはするものの、しまいにはウトウトとし始めてしまった。

恋の相手は人間! 案内係は「サルに恋をしてほしい」

一方、ちょっと変わった恋をしているのが、メスザルの「ナゴミ」。彼女の恋の相手は、なんと人間! 案内係の江川順子さん。

江川さんが観光客に説明をしている時も、すぐに抱きついて離れない。

とても嫉妬深いというナゴミ。取材陣が近づくと怒られてしまった。

観光客も驚いた様子。

観光客:
びっくり

観光客:
動物が好きなのでいいなと思った。そこまで好かれるってすごいと思う

高崎山 楽猿案内係・江川順子さん:
あそこまで熱烈に来るのは珍しい。サルに恋をしてもらいたい。何も応えることができないので

来年あたりは初恋も? 高崎山No.1アイドル「シャーロット」

そして、注目なのが、イギリス王室の王女と同じ名前で人気となり、今や高崎山No.1のアイドル「シャーロット」。

4歳で本格的な恋はまだだということだが、オスザルの毛づくろいをするなど、ちょっとした変化が見られるという。

高崎山 楽猿案内係・江川順子さん:
まだ大人になりきってはいないけれど、ちょっとほかの異性を意識するようになったかなという行動が見られたので、来年あたり初恋を迎えるようになるかなと思っている

サルたちの恋愛シーズンは、3月まで続く。かわいらしい恋模様を見に訪れてみてはいかが?

(テレビ大分)

【関連記事:日本各地の気になる話題はコチラ】