暴走車が起こした事故、この直前にまさかの犯行が起きていた。

大胆犯行…レッカー車襲撃で犯人逃走

ドライブレコーダーがとらえていたのは、蛇行しながらバックしてくる白い車。
そのまま乗用車に衝突すると、運転手は車を乗り捨て、走り去った。

この記事の画像(8枚)

実はこの暴走車、直前にまさかの犯行を起こした車両と見られている。

10月21日午後10時半ごろ、大阪市・阿倍野区で車3台による強盗事件が発生した。
狙われたのは、警察が押収しレッカー車で運んでいた、車上狙い事件で使われたという証拠品の車。

警察によると、近付いてきた3台の車のうち1台が警察車両とレッカー車の間に割り込もうとして、そのまま逃走。

その後別の車がレッカー車に接近し、降りてきた何者かが乗降車両の中から荷物を奪ったという。

警察車両が前後を挟んで走る中での、大胆な犯行。
犯行に使われた車は現場から強引に逃走したが、その後も無理矢理バックしたり前進したりするなど、不審な動きを繰り返した。

やがて、助手席から降りてきた人物が四角いカバンのようなものを手に逃走。
車はその後も前進とバックを繰り返し現場を離れようとしたものの、周囲の乗用車に衝突し、最後は運転手も車を乗り捨て、自力で逃走を図った。

車をぶつけられた被害者:
異常ですよね。ちょっと気持ち悪い動きしてましたけどね。車を乗り捨てて、ぶつけたそのまま、突き刺したまま走って逃げたので。

この事故によるけが人はいなかったという。
警察は証拠車両の取り扱いには問題がなかったとする一方、荷物を奪った犯行を強盗事件として捜査している。

(「イット!」10月22日放送分より)