プレスリリース配信元:船井総研ロジ

物流業界の動向を無料レポートで公開

船井総研ロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表:菅重宏、以下「船井総研ロジ」)は、2021年1月から9月までに、船井総研ロジが主催するセミナーの参加企業に対し、物流業界動向・値上げ動向に関するアンケートを実施しました。荷主企業の約6割が「物流企業からの値上げ要請」を受けていたことが分かりました。 当レポートは無料ダウンロードが可能です。 くわしくはコチラ ≫ https://logiiiii.f-logi.com/documents/reserch/neage2021/?utm_source=prtimes.jp&utm_medium=ad&utm_campaign=neage2021




船井総研ロジは、2021年1月から9月までに、船井総研ロジが主催するセミナーの参加企業に対し、物流業界動向・値上げ動向に関する調査を実施し、その結果をレポート形式で公開しました。調査の回答者は119名(荷主企業72名、物流企業31名、その他/物流子会社、物流システムやマテハンメーカー等16名)でした。


【無料ダウンロード 】
当レポートは無料ダウンロードが可能です。こちらから、お申込みいただけます。
https://logiiiii.f-logi.com/documents/reserch/neage2021/?utm_source=prtimes.jp&utm_medium=ad&utm_campaign=neage2021


「値上げ、価格相場」「DX」の動向を注視

・2021年の物流業界動向で気になる項目として、「値上げ、価格相場」を選択した企業が最も多かった
・新型コロナウイルスの影響で、荷量が減り、一時期にドライバー不足は落ち着きは見せたものの、根本的な解決ではないため、依然ドライバー・作業員不足を気にしている様子がうかがえる
・次に気になる項目として、マテハンや物流システムなど、DXにつながる項目であり、業界でこれから必要な変化である
・「その他」の中で「輸送における脱炭素化、ECの市場増大、ホワイト物流の影響度」などの回答が上げられた


6割近くの荷主企業が「物流企業からの値上げ要請があった」と回答
・2020年は新型コロナウイルスの影響で値上げの動きは停滞した。
・2021年以降はワクチン接種の普及による、経済回復(荷量増加)や2024年問題対策を見据えて、値上げ要請へ踏み切ることが見込まれる
・6割近くの荷主企業が物流企業からの値上げ要請を受けている
物流企業からの値上げ要望に対して、荷主企業がほぼ受け入れている実態がうかがえる


【無料ダウンロード 】
当レポートは無料ダウンロードが可能です。こちらから、お申込みいただけます。
https://logiiiii.f-logi.com/documents/reserch/neage2021/?utm_source=prtimes.jp&utm_medium=ad&utm_campaign=neage2021


会社概要






船井総研ロジについて

船井総研ロジ株式会社は物流・ロジスティクス領域において、戦略から戦術の策定、実行と実現までを一貫してサポートする“実行力、実効性”を持った総合物流コンサルティング企業です。500社を超える企業への支援実績、物流コスト削減成功率100%など、突き抜けた実績と経験をもとに、本質レベルでお客様の問題・課題を解決する実行型コンサルティングを行っています。お客様の声や支援を通じ、コンサルタントが「お客様にとって必要」と感じたものをサービスとして展開してきました。3PL、共同購買、物流セミナーなどのサービスはそんな想いから生まれました。今後もお客様に寄り添い、新たなサービスを生んでいきます。

  本社:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル 22階(東京本社)
 代表者:代表取締役 菅 重宏
  設立:2000年5月10日
 資本金:9,800万円
 TEL:0120-659-456
MAIL:info@f-logi.com
 WEB:https://www.f-logi.com/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。