プレスリリース配信元:TikTok For Business

TikTok For Businessは過去に実施されたTikTokインフィード広告の中から、TVCMやWeb CMなどの横型動画を縦型に変換したときに効果が高かった広告の特徴を分析し、「TikTok広告クリエイティブTips ~縦型動画編~」として公開いたします。






調査背景


TikTokの特長を活かし、縦型全画面・音声付き動画で訴求できるインフィード広告は、ユーザーの視聴態度が高く、インパクトを持ってブランドを訴求できるメニューです。そのため、幅広い業界から活用していただいていますが、最近ではTVCMやWeb CMなどの横型動画をベースとした出稿が増加しています。
この度公開した「TikTok広告クリエイティブTips ~縦型動画編~」では、元の動画によっては編集に制限があることを考慮しながら、理想的なソリューションだけでなく、それ以外のさまざまな編集パターンを提示し、その中からベストな選択肢を選べるような内容となっています。




「TikTok広告クリエイティブTips ~縦型動画編~」概要


本調査レポートでは、
A:縦型広告の編集パターンについて
B:その他のテクニックについて
という2つのテーマに分けて解説しています。


A:縦型広告の編集パターンについて
横型動画を縦型広告に編集する場合、以下の3パターンに大きく分類できました。
1. 縦型に切り出し
2. 横型の段積み(2段もしくは3段)
3. 横型(上下に別素材)

 ※カットに応じて異なるパターンを組み合わせたミックス素材もあります。


上記、縦型動画の3パターンにおける「6秒視聴率」と「エンゲージメント率」の平均値を算出し、その数値と、横型広告をそのままインフィード広告に出稿した「横型(上下のスペースに黒み)」の平均値を比較しました。

■「縦型に切り出し」の効果
その結果、「1. 縦型に切り出し」の手法で編集した広告動画の効果はより高く、横型動画(上下のスペースに黒み)に比べて、6秒視聴率が391%、エンゲージメント率に至っては923%と9倍以上になっています。


そのほかの調査結果も含めてまとめると、最も効果的な横型から縦型への編集パターンは「縦型に切り出し」、次に効果的な編集パターンは「横型(上下に別素材)」、最後に「横型の段積み」となっています。本Tipsでは、それぞれの編集パターンの効果を一望できる内容になっています。



B:その他のテクニックについて
広告動画の編集パターンを決定した後、以下の3つのポイントについて微調整することで、さらにパフォーマンスを高めることが可能になります。
1. 「縦型切り出し」動画の中に、テキストを追加
2. 「横型(上下に別素材)」は上にずらして配置
3. 動画を編集し直す場合は、冒頭を人物から始める


なかでも、縦型切り出し動画の動画内にテキストを追加した場合、テキストを追加していない動画に比べて、6秒視聴率が 269%、エンゲージメント率が408%になっており、高い効果が期待できます。



TVCMやWeb CMなどの横型動画を効率的に編集し、インフィード広告の効果を最大化するための活用法について、詳細な内容は「TikTok広告クリエイティブTips ~縦型動画編~」の本編をご覧ください。
「TikTok広告クリエイティブTips ~縦型動画編~」をご希望の方は公式メディア「TikTok For Business」(https://tiktok-for-business.co.jp)の「お問い合わせ」から広報担当までご連絡いただければ幸いです。


<TikTok For Businessについて>
TikTok For Businessは、マーケティングソリューションを実現するプラットフォームです。新しい興味や関心ゴトを探しているオーディエンスと、企業/ブランドを自然に結びつけることで、広告という従来的な枠組みを超えたコミュニケーションを実現。認知拡大から顧客獲得まで、様々なファネルにおけるビジネス課題を解決に導きます。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。