高校生らしい斬新なアイデアで新型コロナの対応に献身する医療従事者へ感謝の気持ちを伝えました。

月明りの下、医療従事者へのメッセージが投影されたのは美里工業高校の校舎です。

メッセージは生徒会の呼びかけで全てのクラスから寄せられ「みんなの命を助けるためにありがとうございます」など生徒たちの温かい気持ちが詰まっています。

企画を担当した大濱千佳さん「大変な思いをしている医療従事者の皆さんに感謝の気持ちや応援メッセージを届けたい。」

渡慶次珠莉生徒会長「みんなで力を合わせてコロナ感染に対して協力できたらなと思っています。」

メッセージの投影は22日夜までで今後、学校のホームページに掲載されます。