サッカーJ2のFC琉球は20日樋口靖洋監督を解任し、ヘッドコーチの喜名哲裕さんが新たに監督に就任すると発表しました。県出身者としては初めてJリーグの監督が誕生しました。

樋口靖洋監督はFC琉球がJ2に参入した2019シーズンからチームの指揮を執り、今シーズンも中盤までJ1昇格争いに絡む快進撃を続けてきました。

しかし、ここ7試合は1分6敗と勝利から遠のき、FC琉球はチームの立て直しを図るため、前節の愛媛戦をもって樋口監督との契約を解除しました。

シーズン残り8試合で監督に就任するのは、かつて名古屋グランパスなどでプレーした、ヘッドコーチの喜名哲裕さんです。

県出身者でJリーグクラブの監督に就任するのは初めてです。喜名さんは球団を通して「チームが積み上げてきたものを大切にしながらFC琉球らしい躍動感あるサッカーを展開したい」とコメントしています。