プレスリリース配信元:株式会社Clamppy

債務整理の情報提供メディア「STEP債務整理」を運営している株式会社Clamppy(本社:東京都中央区築地、代表取締役社長:大江 剛 / 寺田 真吾)は、全国の20歳以上の男女300人を対象にアンケートを実施いたしました。調査の結果、恋人に貸せる金額としてもっとも多い回答は「1万円~5万円」、貸したお金が返ってこなかった場合は約9割の人が「別れを考える」と回答しました。 ■恋人とのお金の貸し借りに関する調査記事URL:https://step-saimu.jp/between-lover-debt-questionnaire/


今回は、述べ300人の方にご協力いただき「恋人から「お金を貸して」と言われたらいくらまでなら貸せる?」という質問から、お金に関するさまざまなアンケートを取りました。


恋人から「お金を貸して」と言われたらいくらまでなら貸してもよい?という質問のもっとも多い回答は「1万円~5万円」






恋人へお金を貸してもいいと思える理由で多かったのは「生活費」




■恋人へお金を貸してもいいと思える理由は?
1位:生活費
2位:飲食代
3位:冠婚葬祭

特に同棲している恋人同士の場合、日々の生活を送る中で支払いが発生すると、その時に持ち合わせがある方が立替えてあげることも多いようです。

また、2人で過ごす時間の多い恋人同士の場合、飲食店の会計時など、たまたま一方の持ち合わせがなかった場合は、必然的にもう片方が立替える状況になることも。

さらに、生活費や冠婚葬祭など、急な出費ややむを得ない事情が発生したときは、貸してもいいという回答が多く見受けられました。

恋人へお金を貸したくないと思う理由は「お金が返ってくる見込みが薄い事情では貸したくない」という回答




■恋人へお金を貸したくないと思う理由は?
1位:ギャンブル
2位:借金の支払い
3位:交際費

ギャンブルをしている人や借金の支払いができていない人にお金を貸しても、返ってくる見込みが薄いと感じてしまうため貸したくないという意見が多数見受けられました。

・自分の収入の範囲内で嗜む程度ならまだしも、人に借りてまでギャンブルをするのはあり得ない。(50代/山梨県)

このように、ギャンブルに関しては特に厳しい意見も。

また、交際費に関しては「お金がないなら正直に言って断るべき」という意見が多い中で、こんな意見も。

・営業職は飲み会を断ると収入や昇進に影響する。(30代/神奈川県)
・会社の飲み会を断りづらい気持ちは分かるので、困っていたら助けてあげてしまう。(20代/富山県)

恋人の仕事に支障が出るようなら、協力してあげたいと考える人が多いようです。

お金を貸すとき5人に1人は借用書を書いてもらうと回答




■お金を貸すときのルールは決める?貸したお金が返ってこないときの対応は?

アンケートによると、5人に1人がお金を貸す際に「借用書を書いてもらう」と回答しています。
また「事前に聞いていた使い道と違うことにお金を使われたら許せない」という意見が多く寄せられました。

もしも「貸したお金が返ってこなかったら?」という質問に対しては、次の返済期限を約束するという回答が半数以上




半数以上の人が「次の返済期限を約束する」と回答しました。

恋人同士の場合、会う機会が頻繁にあるので「じゃあ次のデートまでに返してくれればいいよ」などの約束がしやすいことが関係しているようです。

次いで多かったのが「あきらめる」という回答。

他にも、少数派ではありますが「利息をつける」「法的手段を検討する」という意見もありました。



恋人からお金が返ってこなかった場合「貸した金額がいくら以下なら督促はしない?」という質問に対しては、人によってさまざまという結果となりました。




最も多かったのが「10,000円まで」と答えた人で、4人に1人は10,000円以内の貸し借りならわざわざ督促はしないようです。

ただし、次いで多かったのが「金額に関係なく督促する」という意見で、恋人同士でもお金の問題はきちんとしておきたいと考える人も、一定数見受けられました。


では、もし貸したお金が返ってこなかった場合、恋人との付き合いは続けるのでしょうか?

貸したお金が返ってこなかった場合「別れを考える人」が約9割!




■お金が返ってこなかったら別れを考える人が9割近く!


「貸したお金が返ってこなかった場合、お付き合いは続ける?」という質問に対して、9割近い人が「即別れる」もしくは「続けるけど別れることも視野に入れる」と回答しました。

・ちゃんと返してくれないと「私との約束は破っても平気なんだ」と感じて大事にされてないと思うので。(20代/東京都)
・お金のことはちゃんとしてほしい。金銭感覚が合わないと思うので別れます。(30代/北海道)

「金の切れ目が縁の切れ目」ということわざがあるように、お金が絡むトラブルがあると「この人と付き合っていて大丈夫かな」と相手との関係を見つめ直す人が多いようです。

お金の貸し借りは、その後の2人の信頼関係に大きく影響を与えることを肝に銘じておきましょう。

恋人にお金を貸すときに気をつけたいことは?

■最後の質問は「今後 恋人にお金を貸すことがあったら、気を付けたいことはありますか?」です。
この質問にはさまざまな意見が寄せられ、相手にきちんと返済してもらうための具体的な対策について答えてくれた人も多数見受けられました。

・LINEなどで返済期限を文面として残す。(30代/香川県)
・家族に伝えたり変わりに返済してもらえるように同意を得るようにします。(40代/三重県)

また「貸すならあげるつもりで貸す」という意見もあり、お金の貸し借りで相手との関係を壊すことがないよう、最初から諦めのつく金額しか貸さないという人も多いようです。

恋人間でお金の貸し借りは信頼関係に深く影響する問題であり、例え恋人同士でもきちんとしておきたいと考える人が多数派であることが分かりました。
みなさんも、大切な恋人との関係を壊す結果にならないよう、お金の貸し借りには十分注意してくださいね。

このアンケート結果について
この調査の詳細については、STEP債務整理の記事(https://step-saimu.jp/between-lover-debt-questionnaire/)からご確認いただけます。

データを引用される際は、出典元として必ずこちらのURL(https://step-saimu.jp/between-lover-debt-questionnaire/)をご記載いただきますよう、お願いいたします。


【調査概要】
■調査名:友人とのお金の貸し借りに関するアンケート
■調査対象:全国の20歳以上の男女
■調査方法:選択式・記述式のWEBアンケート(ランサーズ)
■有効回答人数:300名(回答率100%)
■調査期間:2021年9月1日~2021年9月6日

【会社概要】
社名:株式会社Clamppy
代表者:代表取締役社長 大江 剛 / 寺田 真吾
事業内容:Webマーケティング / 士業集客コンサルティング
所在地:〒104-0045 東京都中央区築地2-10-6 Daiwa築地駅前ビル9F
電話番号:03-6226-2561 / 03-6226-2562
URL:https://clamppy.jp/

弊社は「士師業×ウェブマーケティング×不動産」の3つの領域に強みを持った会社です。その中でも、顧客を士業(弁護士、税理士、司法書士など)と医師に限定することで、完成度の高い洗練されたサービスをご提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。