プレスリリース配信元:株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「屋内位置情報の世界市場 (~2026年):コンポーネント (ハードウェア・ソリューション・サービス)・技術 (BLE・UWB・Wi-Fi・RFID)・用途 (緊急対応管理・遠隔監視)・組織規模・産業・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を10月14日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1026973-indoor-location-market-by-component-hardware.html




屋内位置情報の市場規模は、2021年の70億米ドルからCAGR22.9%で成長し、2026年には197億米ドルに達すると予測されています。ビーコンやBLEタグを搭載したアプリケーションの増加、カメラやLED照明、POSデバイス、デジタルサイネージなどへのビーコンの搭載の増加、スマートフォンやコネクテッドデバイス、位置情報アプリの顧客への普及、屋内環境におけるGPS技術の非効率性など、さまざまな要因が屋内位置情報市場の採用を後押ししています。

COVID-19パンデミックが屋内位置情報市場に与える影響


COVID-19状況下において、企業は屋内位置情報ソリューションやハードウェアを活用して、施設管理、ウイルス追跡、人の追跡・管理、スマート検疫などを行っています。政府や民間企業は、市民の外出を制限し、屋内位置情報ソリューションを採用した位置の追跡を行っています。例えば、Inpixonは、医療機関やその他の組織に対し、位置情報技術を用いたアプリケーションやサービスを、追加費用なし、あるいは割引価格で提供しています。ウイルスの拡散を抑えることを目的とした、検疫などの強制措置が解除されると、事業再開への圧力が高まり、感染者が職場に立ち入ることで、その他の従業員への感染、人命の危険、企業の再検疫のリスクが高まることになります。このことから、スマート検疫ソリューションの導入拡大が予測されます。

牽引要因:スマートフォン、コネクテッドデバイスおよび位置情報アプリケーションの普及

スマートフォンの普及率が高まり、消費者のモバイル利用が増える中、新興や既存の企業は、ユーザーを惹きつける屋内位置情報アプリケーションの提供方法を模索しています。屋内位置情報技術の導入により、小売業者は、あらゆる場所への適切なナビゲーションを提供できるようになりました。屋内位置情報ソリューションは、屋内スペースにいる顧客との関係性を向上させ、売上を増やす良い機会となります。BLEやWi-Fiなどの技術の普及により、ユーザーは一定の範囲内で人の位置を特定することができます。航空会社や空港は、ビーコンを利用することで、ジオフェンシング技術を用いて空港内にいるユーザーを自動検知し、ユーザーがどの階にいるかを知ることができます。情報を送信する前に乗客がどこにいるかを知ることで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1026973-indoor-location-market-by-component-hardware.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。