「自分たち以外は無免許運転ダメ」 暴走族のヘンな掟(おきて)

「自分たちのチーム以外の人間は無免許運転をしてはならない」川崎市を拠点とする暴走族「若竜会」には、こんな独特な”掟(おきて)”が存在した。分かりやすく説明すると、自分たちは無免許運転をしても構わないが、自分たち以外は無免許運転をしてはいけないということ。

男子大学生が集団で暴行された現場(川崎市)
この記事の画像(4枚)

このヘンな掟(おきて)がキッカケで事件は起こった。若竜会のメンバー6人は、21年7月、川崎市の公園で、18歳の男子大学生を、集団でリンチして、ケガをさせた疑いがもたれている。被害者は全治およそ4カ月の重傷。逮捕されたのは15歳から17歳の少年で、容疑は傷害だ。

”無免許運転”に車を貸した男性まで暴行

被害者の男子大学生は、無免許運転をしている様子を、SNSに掲載していた。そのSNSを見た別の少年が、若竜会に”告げ口”をして、集団リンチに発展した。なお、男子大学生に車を貸した男性も、若竜会に暴力を振るわれている。

少年らは、無免許運転の大学生に車を貸していた男性にも暴力を振るっていた(画像はイメージ 神奈川県警提供)

無免許運転と知りながら車を貸す行為も許せないらしい。なんだ、この理解不能な”正義感”は・・・。この掟(おきて)は、若竜会の中で、代々受け継がれているそうだ。逮捕された6人は「俺たちがやったことに間違いありません」とキッパリ容疑を認めている。

「パトカーとの戦いで・・・」 暴走族VS神奈川県警

神奈川県警が暴走族と認定しているのは13グループ、構成員は男女555人にのぼる。隆盛期と比べて、暴走族が激減している中、依然、神奈川県内には”少なくない”暴走族が存在しているようだ。やはり「湘南爆走族」の地元だからか・・・。

そのせいか、我々マスコミも、神奈川県の”暴走族ニュース”を取り上げることが多い。今年2月に検挙された少年・少女らは、暴走行為に及んだ動機について、「パトカーとの戦いでテンションがあがった」「捕まえてみろよという気持ちで暴走した」と供述していた。

今年2月に検挙された暴走行為の画像(神奈川県警提供)

9月には少年23人が一斉に検挙された。このうちの1人は、取り調べに対して「暴走族で神奈川県でNo.1のチームになりたいと思って走っていた」と話していた。少年らが所属する暴走族のグループ名は「不死鷹(ふしちょう)」だ。

話を本題に戻すと、神奈川県警は、”告げ口”した少年についても、傷害幇助容疑で立件する方針だ。その若竜会だが、正確には、「暴走族」ではなく、「愚連隊」としてカテゴライズされているそうだ。相変わらず複雑な世界だ。今後も県警の頑張りに期待したい。