父親「何人でバーベキューしてたか把握しない」

22日、青森県つがる市の国道で4人が死亡した事故を起こしたとして、危険運転致死傷の疑いで市内の団体職員・高杉祐弥容疑者(32)が逮捕された。

 
この記事の画像(7枚)

9月22日、高杉容疑者は酒に酔った状態で乗用車を運転。前方を走る黒い軽乗用車に追突した後、対向車線にはみ出して紫の軽自動車と正面衝突した。警察によると、高杉容疑者が運転する車は、制限速度50㎞の国道を時速約130㎞もの速度で走行していたという。

「直撃LIVEグッディ!」取材は現地青森で、高杉容疑者の父に話を聞くことができた。

 

広瀬フィールドキャスター:
ビールやウイスキーの瓶はありましたか?

高杉容疑者の父:
そうです。バーベキューをやっていて飲んでいたと思う。

広瀬:
表で何人の人がバーベキューをしてましたか?

高杉容疑者の父:
把握していない。(息子には)ちゃんと責任を取れって話をしたいです。

当日は強い雨が降っており、視界は最悪だった

さらに事故から数分後に現場を走行したというタクシー運転手に、当時の状況を聞くことができた。

 

<当日の事故現場の状況は?>
・当日は強い雨が降っていたため、視界が悪くスピードは出せない状況だった
・道路がでこぼこで雨が降ると水たまりになるため、スピードを出すと滑りやすい状態だった

晴れている日であれば、夜は交通量が少ない上に見晴らしがいいため、普段はスピードを出す車が多いそう。

高杉容疑者は、当時の危険な路面状況も察知できないほど酩酊状態だったのだろうか?

高杉容疑者は警察の調べに対し、飲酒運転は認めているものの酩酊状態ではなく「正常に運転できた」として、危険運転致死傷の容疑は否認しているという。その理由は…?

 

<「飲酒したが正常に運転」と供述の理由>
・危険運転致死傷罪とは…
アルコールまたは薬物の影響などにより正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ人を死傷させた場合
⇒致傷の場合15年以下の懲役、致死の場合1年以上20年以下の懲役

・過失運転致死傷罪とは…
自動車の運転上必要な注意を怠り、人を死傷させた場合
⇒7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金

元警視庁刑事の吉川祐二氏によると「危険運転致死傷というのは、立件が大変難しい犯罪。刑罰が重くなることを避け、言い逃れしているのでは」とのことだった。

車の状態から分かる“悪質性”

広瀬修一フィールドキャスター:
グッディ!では法科学鑑定研究所・交通事故鑑定人の熊谷宗徳さんに、容疑者の車の状態を鑑定してもらった。

 

<容疑者の車の状態から見た“悪質性”>
・事故後の容疑者の車は、タイヤがまっすぐ前を向いており、ハンドルが切られてないように見える
⇒危険を察した様子が感じられない。運転できる状態ではなかった可能性?

・熊谷氏によると「衝突を避けようとハンドルを切れば、自らも横転していた可能性がある。むしろ避けようとしなかったことで、自分(容疑者)たちの被害が軽くなったか」

広瀬:
ふつう、ぶつかる瞬間は右か左に避けようとすると思います。避けてぶつかったとなると、ハンドルは切られた状況で止まるそうなんですが、写真を見るとそういった様子がない。さらに、容疑者の車の被害が軽いことから、やはりハンドルは切っていないんじゃないかとなる。これらの違和感から、容疑者は“正常な運転が困難な状態”だったのではないかと、熊谷氏はおっしゃっていました。

安藤優子:
前に車がいるって、全く気付かなかったんでしょうか?

北村晴男弁護士:
前の車と容疑者の車の速度差がすごいので、テールランプに気付いた時にはもうぶつかってると思いますよ。

吉川祐二氏(元警視庁刑事):
時速130キロって、1秒間でおおむね36m進むんです。わずか5秒間でも百数十メートル進むんです。そういうことも、ハンドルが切られなかったという結果に出ているのかもしれません。

 

北村弁護士:
強い雨が降っていますから、本当に視界が悪く見えないと思います。“見えないからブレーキを踏めなかった”という見方もあるんだけれど、見えないのに時速130㎞で走るって(正常な判断能力があれば)ありえないんですよ。僕の想像によると裁判で検察側は、夜間の強い雨の中ふつうの人だったら危険を感じてそんなスピードが出せない。にもかかわらず時速130㎞という速度を出したというのは、あなたは判断力が低下していたんじゃないんですかと言う。そこで合理的な反論がなければ、これは“正常な運転が出来ない状態”だったと裁判所が認定する可能性は高いと思いますよ。

安藤:
容疑者の運転から、安全意識というものはかけらも感じられないように思います。“自分は大丈夫”という誤った判断が働くのは、飲酒している時の典型ですよね。

吉川氏:
高杉容疑者は“私は正常な運転ができた”と言っていますが、明らかにふつうの状態ではない。正常な運転ができるのであれば、事故なんて起きるはずがありません。

安藤:
本当にそうですね。なぜ飲酒運転は後が断たないのか…、亡くなった4人の方が気の毒でなりません。

 (「直撃LIVE グッディ!」10月23日放送分より)

グッディ!
グッディ!
メディア
記事 347