2 月、埼玉・鴻巣市のまつげエクステサロン店で、マスクが大量に無くなったトラブルについて、埼玉県警が捜査したところ、事件にあたらないとして、捜査を終結した。

2月、鴻巣市のまつげエクステサロン店からマスク6400枚が無くなり、店が埼玉県警に被害届が出していた。
県警は窃盗事件として捜査していたが、マスクは盗まれたのではなく店の関係者が持ち出していたことがわかり、事件にあたらないとして、3月10日までに捜査を終結した。