山梨・甲府市の住宅が放火され夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件で、逮捕された少年は手の指を折るなどしていて、警察は、死亡した夫婦2人ともみ合った際にけがをした疑いもあるとみて調べている。

この事件は12日未明、甲府市の住宅が放火され、焼け跡から井上盛司さん夫婦とみられる2人の遺体が見つかったもので、逮捕された19歳の少年は出火直前、この家に住む10代の次女の頭を殴り、けがをさせた疑いが持たれている。

少年は出頭した時に手の指を折るなどしていて、警察は、死亡した夫婦2人ともみ合った際にけがをした疑いもあるとみて調べている。

また、少年が同じ高校に通っていた長女に一方的に好意を寄せていたこともわかり、動機についても慎重に調べている。