全日空は、二酸化炭素の排出量が少ない持続可能な航空燃料「SAF」の調達に関する新たな取り組みを打ち出した。

全日空は9月、日本通運など物流企業3社と契約して調達した、持続可能な航空燃料「SAF」による貨物便の運航を初めて行った。

今後は、より多くの企業と提携して運航する新たな取り組みを打ち出し、航空輸送での脱炭素化の推進を図る。

「SAF」は植物油などを活用していて、二酸化炭素の削減に大きく貢献する一方、現在の化石燃料よりコストが高く、製造できる企業が限られていることから世界各国で争奪戦が激化している。