半導体の受託生産で世界最大手の台湾TSMCが、日本に工場を建設する方針を明らかにした。

TSMCは14日に開いた第3四半期の決算発表の中で、2022年、日本で半導体工場の建設に着手し、2024年の生産開始を目指すと明らかにした。

建設地などの詳細は明らかにしていないが、関係者によると、熊本県のソニーの工場に隣接する土地に、ソニーグループと共同で工場を建設する方針。

世界的に半導体が不足する中、日本政府も国内での生産体制を整える経済安全保障の観点から、工場建設を補助する方針。

魏哲家CEOは「顧客と日本政府からプロジェクトを支援する強いコミットメントを得た」と述べ、この方針を歓迎した。