2022年春のセンバツ甲子園につながる、秋の高校野球東北大会の組み合わせが10月14日に決まった。
岩手県大会優勝の花巻東は、福島県代表の東日本国際大附属昌平と対戦。

大会には東北6県からそれぞれ3校ずつの合わせて18校が出場。

1つ目のブロックでは、4年連続の出場となる第3代表の盛大附属は、福島県の第3代表・学法石川と対戦する。
4年ぶりに秋の県大会を制した第1代表の花巻東は、福島県の第2代表・東日本国際大附属昌平とぶつかる。

2つ目のブロックでは、創立後、初めての出場を決めた第2代表の久慈東は、秋田県の第1代表・能代松陽との初戦。

秋の高校野球東北大会は10月20日に宮城県で開幕し、決勝は26日の予定。