13日夕方、新居浜市で一家3人が刃物で刺され死亡した事件。

警察はナイフを持って現場にいた男を現行犯逮捕しました。

男と被害者家族の間には数年前からトラブルがあったと見られていますが、これまでの調べに対し、男は一部意味不明な言動をしているということで、警察は殺人容疑での立件を視野に慎重に調べを進めています。

近所の人:
「割と明るい方だったという印象があります。私の中では(トラブルなどは)聞いたことがない、なのでとてもびっくりですね」

新居浜市垣生の住宅街、規制線が張られ物々しい雰囲気に包まれています。

13日午後5時40分ごろ、岩田友義さん(80)の自宅から「前に来た男がもめている」という110番通報を受けて、警察官が駆けつけたところ、玄関先で友義さんが、室内で妻のアイ子さん(80)と息子の健一さん(51)が血を流して倒れているのが見つかりました。

3人は複数の切り傷があり、その後、死亡が確認されました。

友義さんが5年前まで働いていた会社の社長は、突然の事件に驚きを口にしました。

友義さんが働いていた会社の社長:
「いや、何でって感じですけど。なぜそんなことに、という感じです。割と明るい人でいろんな人にすぐ声かけて仲良くなるという感じ。ムードメーカー的なところがありますね」

警察は血の付いたナイフを手に現場に立っていた住所不定の無職・河野智容疑者(53)を銃刀法違反の現行犯で逮捕しました。

河野容疑者は死亡した健一さんの元職場の同僚で、調べに対し「殺すつもりでナイフを持っていた」と話していて、警察は殺人容疑での立件を視野に捜査を進めています。

正本健太キャスター:
「一夜明けた現場に来ています。現在も黄色い規制線が張られている状態です。近所の人の話によりますと、当時、家からは異様な悲鳴が聞こえてきたそうで、かなり前から、亡くなった健一さんと河野容疑者が怨恨関係でもあったそうです」

警察は14日も朝から約80人態勢で現場検証や聞き込みなどを実施しました。

大西生朗ディレクター:
「ブルーシートがかかっていた車が外に出されました」

捜査関係者によりますと、河野容疑者は市内の河川敷で車上生活をしていたということで、警察は14日午前中、河野容疑者が普段寝泊まりしていたとみられる軽ワゴン車を押収し調べています。

また、河野容疑者は数年前から健一さんとトラブルがあり、何度も家に押しかけるなどしていて、9月にも押しかけ、その時は刃物は所持していなかったものの、警察が出動する事態となっていました。

ただ、警察の調べに対し、河野容疑者は一部意味不明な言動をしているということで慎重に調べています。