西条まつりのだんじりを飾る幻想的なちょうちん。

新型コロナウイルスの影響で西条まつりは2年連続でだんじりの運行が自粛となりました。

このため受注が激減して苦境に立たされているちょうちん職人を支援しようという初の試みに密着しました。

9月25日、西条市の伊曽乃神社である試みが本番を迎えました。

伝統工芸コーディネーター・石水睦津美さん:
「今からちょうちんをご支援いただいた方に納品をさせていただくんですけども、同時に『ぶら提灯』で神社さんをご参拝していただくようになります」

竹の棒に吊り下げた「ぶら提灯」を手に、家族連れらが拝殿に向かいます。

この取り組みを企画したのは、西条の伝統工芸の情報発信に取り組む石水睦津美さんです。

新型コロナの影響で西条まつりは2年連続で中止。

そのため注文が激減して、苦境に立たされている西条市内3軒のちょうちん店を支援しようと、今年7月にSNSなどを通じて西条のちょうちんの購入支援を呼びかけました。

買った人には、ちょうちんを使って伊曽乃神社を参拝する企画を用意。

懐中電灯がない時代の参拝の雰囲気を体感してもらうのが狙いです。

伝統工芸コーディネーター・石水睦津美さん:
「和紙の光を感じてもらいたいというのがありまして、それを実際(ちょうちんを)持って、皆さんで感じてもらえないかということで」

この石水さんのアイデアに地元のちょうちん職人は…。

伊予提灯工房・日野徹さん:
「うれしかったですね。特に(企画を)やられてる方が若い方で、その方が(西条)地域が結構お祭りに関する職人さんが多いので、その方を応援したいといった時はうれしかったです」

今年3月まで大学で観光事業を学んでいた石水さん。

西条の伝統文化を発信する仕事を志した原点には、だんじりを飾る時代絵巻の彫刻師である、父親の信至さんの存在がありました。

伝統工芸コーディネーター・石水睦津美さん:
「伝統工芸は今に始まったことじゃないんですけども、少し衰退している、危ぶまれている業種でもありますので、そこを何とか盛り上げたいという思いがありましたので」

石水さんの父・信至さん:
「彫刻だけでなく全体的な広い視野で娘も取り組んでますので、新しい風というか、女性的な目線もあるんでいいものができるかもしれませんね」

本番当日、石水さんと友人らと一緒に境内にちょうちんや竹ロウソクを設置していきます。

今回、ちょうちんを購入した人は全国で約40人いましたが、新型コロナの影響で参拝は西条市内の30人が参加しました。

ちょうちんに火がともり「ぶら提灯 伊曽乃神社参拝」の始まりです。

宵闇に歩調にあわせて揺れる提灯の柔らかいあかり。

秋の虫の音と、砂利を踏む足音が響き、和やかな日本の原風景が再現されました。

参加者:
「重たいけど楽しい。明るいです」
「今年お祭りがないんで子どもの記念ということで購入しました。情緒があってすごくいいと思います」
本当はだんじりについたちょうちんが見たかったんですけど、これはこれで幻想的できれいだと思いました」

伝統工芸コーディネーター・石水睦津美さん:
「ちょっとの(ちょうちんの)知識としても思っていただけて、それを手元に持っていただいたということは、お祭りの風景、だんじりみこしに付いたちょうちんという風景がまた少し思い入れが違ってくると思っています」

「ハレの日」を忘れない。

地域に生きる若い世代の強い思いが形となった「ぶら提灯」。

古きを知り今を知る試みは、西条市民が地域を支える伝統と文化を見つめる新たな機会になりました。