福岡に住む若い人たちは、今回の総選挙でどんなことを期待しているんでしょうか?

街で声を聞いてきました。

◆20代・男性
「今、ワクチン接種も普及してきていますし、よりよい環境、過ごしやすい環境を作っていただきたいなということに期待したいです」
◆30代・主婦
「子供の行事はワクチン2回打っている保護者は見られますよとか、変わればいいですかね。行事が見られるようになったら、うれしいです」

また、子育て世代からはこんな声もー

◆30代・主婦
「子育てをしているので子育て環境ですね。働きたくてもなかなか保育園に入れないということがあるので、もうちょっと保育園を充実してほしいなというのはあります」
Q申し込みして待たれてる?
◆30代・主婦
「1年は待っているので」

◆30代・主婦
「地元が遠いので、頼れる所が保育園とか幼稚園だけになってくるので、働きやすくなる社会にしてもらえたら、仕事復帰する時も安心なのかな」

学生からは、財政支援を求める声が多く上がりました。

◆10代・学生
「本当は、週4くらいは(バイトに)入れるんですけど週1とかになったり。バイト代が稼げなくなっているので、給付金をもっと与えてほしいなと思います」
◆10代・学生
「親の仕送りをもらえないとやっていけない状態です。大学生にとってはバイトに入れないのは大きいので、10万円もらえたらうれしいですね」

一方、こんな声もー
Q今回の選挙に求めること、期待すること何かあります?
◆30代・会社員
「ないですね。多分自民党になると思うんですけど、なったとしても、大して変わらないんだろうなと思いますね。有権者の人たちの若い人たちの意見がどうしても反映されない状況になってますし、そういう状況では、大きな改革っていうのは起こらないでしょうし」