去年10月、富山市の自宅で妻の首を絞め殺害したとして、殺人の罪に問われている71歳の夫の裁判員裁判が開かれ、検察は懲役5年を求刑しました。

殺人の罪に問われているのは富山市犬島新町の無職、室谷和夫被告(71)です。
起訴状などによりますと、室谷被告は去年10月、自宅で介護していた当時71歳の妻の首をロープで絞めて殺害したとされています。

14日の裁判で検察側は「被告は強い殺意に基づき、確実に殺害できる方法を選択した。被害者の妻は自力で歩行や入浴など出来たことから、介護が著しく過酷だったとは言えない。冷静さにかけた短絡的な犯行」と主張し、懲役5年を求刑しました。
これに対し弁護側は「介護疲れで、正常な判断ができる状態ではなかった。経緯や動機に情状酌量の余地は大きく、本人も深く反省していることなどから、社会の中での更生が十分に可能」として、懲役3年、執行猶予5年が相当としました。
裁判は14日で結審し、判決は今月21日に言い渡されます。